研修情報 詳細

在宅医療連携多職種研修事業について

2013年02月28日

 熊本県では、下記のとおり、在宅医療連携多職種研修事業を実施しています。事業に関するお問い合わせ等については、「5 お問い合わせ先」までご連絡ください。

 

1 目的 

・在宅医療と介護の連携の推進については、介護保険法の地域支援事業に位置付けられる予定であり、今後は市町村が中心的な役割を担うこととされています。

・このため、市町村及び地域包括支援センター等関係者に、在宅医療の動向や、それぞれの役割を理解していただき、顔の見える関係をつくることにより、地域における在宅医療の連携体制の構築を図ります。

 

2 対象者

・市町村職員、地域包括支援センター、ケアマネジャー、各圏域在宅医療連携体制検討地域会議メンバー(医療、介護分野で中心的な役割を担っている者)等

 

3 内容

・必須項目及び選択項目の中から、地域の実情に応じて選択した内容を組み合わせて実施します。

(1)必須項目

 ①グループワーク:参加者を圏域毎のグループに分けて話し合いを行います。

(2)選択項目

 ①講演:「在宅医療の推進について」

 ②行政説明:「在宅医療における県の取組み及び市町村の役割等」

 ③各職種(団体)からの取組み紹介

 ④その他

 

4 実施回数

・県北、県央、県南、天草で各1回

 (今後の予定)

 ●阿蘇:平成26年3月16日(日)、サンクラウン大阿蘇

 ●天草:平成26年3月8日(土)、天草プリンスホテル

 ※県南及び県央については、終了しました。

 

5 お問い合わせ先

・熊本県健康福祉部健康局医療政策課(医療企画班)

 TEL:096-333-2204

 FAx:096-385-1754

研修情報 一覧へ