地域医療研修システム

地域医療研修システム 画像

地域医療研修システムのご案内

熊本県における多様な医療ニーズに対応するため、専門的な診療能力に加えて、幅広い視野と総合的な診療能力を備えた医師の養成を目的とした研修システムです。
地域医療の現場を体験することにより、地域医療の現状に対する理解を深めてもらうことも目的としています。

地域医療研修システムの概要

対象医師

熊本県内の基幹型臨床研修病院、又は総合医養成プログラムを作成している下記の病院(出向元病院)に勤務する医師で、このシステムによる地域医療研修を希望する医師。(ただし初期臨床研修医は対象外です。)

  • 医療法人創起会 くまもと森都総合病院
  • 熊本市立 熊本市民病院
  • 熊本赤十字病院
  • 熊本大学医学部附属病院
  • 国家公務員共済組合連合会 熊本中央病院
  • 社会福祉法人 恩賜財団 済生会熊本病院
  • 独立行政法人 国立病院機構 熊本医療センター
  • 荒尾市民病院
  • 独立行政法人 労働者健康福祉機構 熊本労災病院
  • 独立行政法人 地域医療機能推進機構 人吉医療センター

研修先病院

研修先病院は、下記の病院(熊本県下の100床以下の公的な病院のうち、このシステムによる研修医師の受け入れを希望し、研修プログラムを作成した病院)の中から、研修医師の希望を考慮して決定します。

病院名研修プログラムPR資料就業規則
国民健康保険 宇城市民病院 研修プログラム PR資料 就業規則
小国公立病院 研修プログラム PR資料 就業規則
国民健康保険 天草市立 河浦病院 研修プログラム PR資料 就業規則
国民健康保険 天草市立 新和病院 研修プログラム PR資料 就業規則
天草市立 栖本病院 研修プログラム PR資料 就業規則
国民健康保険 和水町立病院 研修プログラム PR資料 就業規則
国民健康保険 八代市立病院 研修プログラム PR資料 就業規則
山都町包括医療センター そよう病院 研修プログラム PR資料 就業規則
天草郡市医師会立 苓北医師会病院 研修プログラム PR資料 就業規則

研修期間

3か月または6か月の2種類があります。

受入病院について

受入希望病院の募集

受入希望病院は、次に掲げる資料を作成し、申請書(様式1)を地域医療研修連絡調整部会(事務局:熊本県健康福祉部健康局医療政策課)に提出していただきます。

地域医療研修プログラム申請書(様式1)
提出が必要な資料

① 研修プログラム(形式自由)

地域医療を学ぶための3か月コースと6か月コースの2つのプログラム。

② 病院のPR資料(形式自由。ただし、下記の4点は必ず記載すること。)

地域医療を学ぶための3か月コースと6か月コースの2つのプログラム。

  • ・「臨床研修指導医」の有無及び配置状況
  • ・初期臨床研修2年目における「地域医療」の研修病院への該当の有無
  • ・医師の生活環境(宿泊施設、食事、セキュリティ等)
  • ・地域医療を学ぶという点からみたその地域の特長

③ 病院の就業規則

くまモン イメージ

新たに受入希望病院として、このシステムに参加する場合、または、研修プログラム等の資料を更新する場合は、
必要な資料を部会に提出していただきます。

研修プログラムの作成に関して、地域医療研修連絡調整部会は、受入希望病院に対して、支援を行います。

研修開始までの流れ

研修医師の申込み

研修を希望される医師は、研修プログラム、PR資料、並びに就業規則等を参考に、第1希望及び第2希望の病院を選択して勤務する病院の事務局にお申し出ください。

研修申込書(様式2)

研修先病院の選定・決定

・研修先病院から提出された研修プログラムは、地域医療研修連絡調整部会の構成員から選出された評価委員が評価を行います。

・地域医療研修連絡調整部会では、研修医師の希望、評価委員の意見等を考慮し、研修医師と受入希望病院とのマッチングを行います。

研修の際の取扱いなど

・研修を受けられる医師は、出向元病院の身分を残したまま、研修先病院へ出向していただき、そのうえで、研修先病院と雇用契約を締結していただきます。現在、勤務されている病院と研修先の病院の両方と雇用契約を結ぶことになります。

・毎月の給与は、研修期間中も、現在、勤務される病院から、支払われます。

・研修医師の出向元病院における賃金と比べ、研修先病院の賃金が高い場合は、その差額分は研修奨励金として支払われます。

・研修医師及び研修先病院は、研修終了後1か月以内に、地域医療研修連絡調整部会に対して、報告書をそれぞれ提出する必要があります。

報告書(研修医師用)(様式3) 地域医療研修報告書研修医師評価(様式4)

・研修を受けられる医師が、研修期間中に出向元病院での勤務を希望される場合は、研修先病院への勤務を1~2週間に1回の頻度とすることもできます。